株情報サイト豊の電子書籍の評判

株情報サイト豊 配布された電子書籍の評判と運営会社に迫る

豊(yutaka)の詳細情報

豊(yutaka)のサイト画像
サイト名
豊(yutaka)
口コミ評価(評価無コメントは計算から除外)
1.00

 公式サイトを見る

豊(yutaka)の検証記事

会員登録することで「機関投資家の投資手法」が学べる電子書籍をプレゼントしている株情報サイト豊

日本株市場の支配者である機関投資家の投資手法が無料で知れるとあって、実際に電子書籍を受け取ったという口コミをよく見かけます。

しかし、「ただほど高いものはない」といった言葉があるように、実際に会員登録した方々の評判はあまり良くないようです。

その理由は、電子書籍のクオリティの低さに加え、有益な情報が乏しいことが挙げられます。

また、会員登録後すぐに高額投資情報への勧誘が行われていることもネット上の評判から明らかに。

なぜ株情報サイト豊は無料で電子書籍をプレゼントしているのか、そしてなぜ「期待外れ」という評判が寄せられるのか?

株情報サイト豊の実態を調べていくと、低評価レビューが寄せられて当然の驚きの事実が次々と明らかになりました。

株情報サイト豊 書籍化するほどでもない『機関投資家の売買ルール』

株情報サイト豊の会員登録することでもらえる『機関投資家の売買ルール』

実際に登録して中身を確認したのですが、唯一分かったことは機関投資家は発行株式が多く、時価総額の大きい銘柄を売買するということだけでした。

書籍の内容は以下の通り。

○はじめに

○第一章
・機関投資家の種類
・覚えておきたい売買ルール
・機関投資家が狙う銘柄

○第二章
・2021年、日銀はどう動く?
・GPIFが保有する銘柄一覧
・バークシャーハサウェイは日本株を買わない?

○第三章
・モノ言う機関投資家に乗っかろう
・最後に

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、我々個人投資家とは違い、機関投資家は数百億という資金を運用しています。

そのため、時価総額が少ない銘柄や流動性の乏しい株というのは売買に適していません。

また個人や機関に関係なく、保有株式が全体の5%を超えると「大量保有報告書」の提出が必要になります。

この大量保有報告書とは、「AさんがB株を○%持ってますよ」ということを表すもので、金融庁が運営する電子開示システムEDINET(エディネット)で誰でも閲覧が可能です。

つまり、どれくらいの株を保有しているかが一般の人達に知られてしまうことになります。

そのため機関投資家は、発行済み株式の5%を超えないように、発行株式が多く時価総額の大きい銘柄を売買している、というのがこの書籍で述べられていることです。


ただ、この内容が個人の株ブログからのコピペである可能性が高いということが分かっています。

調べてみると、書籍の内容が「ひげづら株ブログ」という個人が運営しているブログサイトの記事と似ています。

豊の書籍内容

ひげづら株ブログ

見比べてみるとその類似性は一目瞭然

構成や文章表現などを考えるに、ほぼそのまま流用したといっても過言ではありません。

仮に引用や参考という形で元の文章を使用したのであれば、何らかの断り書きがあるはず。

しかし、『機関投資家の売買ルール』にはそのような記載は見られません。

ひげづら株ブログの運営者の方は、記事が勝手に引用されていることを認知しているのでしょうか?


もう一ついえることは、書籍の情報だけで機関投資家の具体的な動きを把握することは難しいという点です。

「機関投資家が狙う銘柄」という章では、実際に機関投資家が仕込む銘柄の特徴が挙げられています。

その中で具体的に挙げられているのが「時価総額100億円以上」「東証一部二部」という特徴。

実際にこの二つの条件で抽出してみると、あてはまる銘柄は1,000件以上存在します。

豊のスクリーニング

これではお世辞にも絞り切れているとは言えません。

正直、書籍の条件だけで機関投資家が手を出す銘柄を予測し、先んじて仕込んでおくのは無理があると思います。

この点から「機関投資家に乗っかる売買方法」という広告の文言と書籍の内容が乖離していることが分かります。

実際のところ、書籍の最後には有料情報への誘導があることから、集客手段としての意味合いの方が強いのかもしれません。

一個人のブログ記事を流用し、それをさもオリジナルコンテンツとして提供している株情報サイト豊。

会社としてはどのような運用方針をとっているのでしょうか。

そこで運営会社を詳しく調べていくと、次々と不可解な点が見つかりました。

実在しない会社が運営している株情報サイト豊

株情報サイト豊の運営会社は株式会社豊となっています。

公式サイトによれば、60年以上の長い歴史を持つ老舗の投資会社のようです。

また、働くスタッフの人脈から野村證券などの大手証券会社や、グーグル、アップル、ひいてはバンクアブアメリカといった海外とのつながりも多く持っているとのこと。

もし大手企業とのつながりがあるとしたら、会社として規模感も相当大きいのかもしれません。

会社概要に記載している住所を調べてみると、「鉄鋼ビルディング」というオフィスビルが出てきました。

しかし、入居している会社を確認してみましたが、記載住所に株式会社豊という名前の会社はありませんでした。

公式サイトの記載に誤りがあるのかと思い、法人番号検索サイトで「株式会社豊」と検索してみたところ、法人として登録されていないことが明らかに。

豊の法人登録

つまりは株式会社豊という会社は、2021年6月時点で実在しないことになります。

60年以上の歴史があり、名だたる大手企業とのつながりを持つ会社が、会社設立の第一歩である法人登記すらされていないなんてことはありえません。

ましてや、株式会社豊の公式サイトのドメインが取得されたのは2021年の1月。

豊の法人登録
引用元:SEOチェキ!

公式サイトがオープンしてまだ半年もたっていないことが分かります。

つまり、株式会社豊は株情報サイト豊をオープンさせるために作られた架空の企業であると考えられます。

大手企業側にとって、豊のような不透明な会社とつながりを持つことはデメリットしかありません。

もしつながりが事実だとしたら、明日の新聞で一面を飾っていてもおかしくないような大スクープです。

それを決定づけるかのように、株情報サイト豊は法律違反のサイトであることが明らかになりました。

株情報サイト豊は金商無登録の違法サイト

株情報サイト豊では、会員向けに有料で銘柄の情報提供を行っています。

有料で投資に関するアドバイスやサポートを行うサービスを提供するには、金融商品取引業者として登録を受けなければなりません。

金融商品取引法
第二十九条 (登録)
金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない。

しかし、株式会社豊は金商登録を受けていません

本来、金商登録を受けた者しか行うことができないサービスを無登録で行っている、これが豊が違法サイトといわれる理由です。

この金商がないことに疑問を感じた利用者が直接尋ねてみたところ、以下のような返答があったとのこと。

ここのサイト、金商登録が無いのにこんな商売していいのか聞いたら、「本当の裏情報を手に入れて会員の人に渡すには金商が障害となってしまうので、あえて登録していない」とか「自分たちのやっていることは金商が必要な事業には当たらないので必要ない」とか矛盾だらけの説明してきてなんだここ?と思った。
引用元:株的中.com

サイト側の主張は、金商登録のいらない業務を行っているという認識のようです。

ただ、実際に提供サービスを確認してみると、銘柄の推奨時に「何円で買って売るか」といった明確な売買指示があるような記述がみられます。

豊の提供サービス
引用元:株情報サイト豊

これはれっきとした投資顧問業に該当するため、金商登録は必要になります。

つまり、公式サイトの記述と実際のスタッフの発言には矛盾が生じているということになります。

もっとも、提供サービスに関して本当に金商登録の必要性を感じていないのであれば、法令順守の意識どころか、そもそも法律に関する知識がない可能性も考えられます。

どちらにせよ、信用に足る情報サイトと思えないのは確かです。

また、金商は「あえて登録しない」といった有無を選択できるものでもありません。

投資顧問業を営むうえで最低限の必要な要素です。

金商登録なしで運営しているということは、例えるなら免許を持たずに車を運転しているようなもの。

立派な法律違反といえます。


そんな違法業者であるにも関わらず、株情報サイト豊を高評価する口コミサイトも見られます。

どうして違法サイトである豊を評価しているのでしょうか。

次章ではその謎について掘り下げていきます。

株情報サイト豊 高評価の口コミサイトの裏側

「株情報サイト豊」と検索すると、豊をおすすめする口コミサイトはいくつか確認できます。

そのすべてに共通しているのは、豊以外の金商無登録サイトも同じように推奨しているということです。

つまり、金商無登録の違法業者を、サイトを通して宣伝していると考えられます。

そうした口コミサイトで評価が高いとされている株情報サイトは豊のほか以下の通り。

マネージャー(manager)
プラン(PLAN)
ファクター(Factor)

いずれも金商無登録のサイトと判明しています。

にもかかわらず、サイトのランキングではこの金商無登録のサイトの名前が並んでいます。

その目的はおそらく、投資家から魅力的に映るよう印象操作するためとみられます。

また、口コミサイトでは、検証という形でそれぞれの株情報サイトを紹介していますが、いずれも金商登録については一切触れられていません。

その理由が言わずもがな、金商無登録サイト側にとって知られてほしくない、都合の悪い情報だからといえます。

こうした情報に惑わされないよう、投資顧問サービスを検討する際には、まず金商登録の有無を確認しましょう。

豊は株情報サイト四季のリニューアルサイトである可能性が浮上

株情報サイト豊についてさらに調べていった際、気になる情報を見つけました。

ネットの評判によれば、豊は株情報サイト四季がリニューアルされてできた可能性があるとのこと。

また、当サイトに寄せられた口コミには以下のようなものも。

四季を紹介していた口コミサイトが一斉に四季をおすすめから消したな。今は豊か。
引用元:口コミ株予想

口コミの通り、確かに四季を紹介するページが消えていた口コミサイトも存在しました。

四季が消えたのに合わせて、無登録業者をおすすめしていた口コミサイトでは、株情報サイト豊が優良認定されていています。

実際に四季と豊の公式サイトを見比べてみると、確かに内容が酷似しています。

豊の提供サービス

上記画像は公式サイトの一部を比較したものですが、書かれている文章などから見てもほとんど一緒だとみていいでしょう。

このように無登録サイトが名前を変えて新しくなるのはよくあることです。

先に挙げた無登録サイトも

・マネージャー(manager)→ソリューション(Solution)
・プラン(PLAN)→ポジション(Position)

がリニューアルされてできた可能性が高いとされています。

おおむね、無登録業者として金融庁から警告を受けたから、無登録サイトと知れ渡って集客が見込めなくなったからなどがリニューアルに至った理由だと考えられます。

リニューアル前のサイトも違法なサイトである点は変わらないため、間違っても登録しないようにしましょう。

株情報サイト豊のまとめ

株情報サイト豊から提供される『機関投資家の売買ルール』では、機関投資家の具体的な動きを把握することはできません

投資家の興味を引くようなタイトルとなっていますが、実際の見てみると確かに「期待外れ」という感想が出てくるような内容となっていました。

また、機関投資家が手を出す銘柄情報も、運営実態が不透明な豊では提供される可能性は限りなく低いといえます。

そもそも豊は金商無登録の違法サイト

他にもコンテンツを外部から流用したり、違法サイトのリニューアルサイトである可能性があったりと信用に欠ける部分を挙げればキリがありません。

大事な資産を守るためにはこうした違法サイトを利用しないことが基本です。

そのためにも、情報提供サービスを受けるにはまず金商の有無を確認するよう心がけましょう。


▽金商登録ありの投資顧問はこちら▽
投資家一人一人に合わせた投資戦略を提案【AIP投資顧問】
「会員第一主義」でサポートも手厚い【TMJ投資顧問】

豊(yutaka)の最新口コミ

  • 口コミ評価:

    2021年07月21日

    豊(yutaka) ユーザー

    嘘だ!売り買いはアドバイス出来ませんって電話口で言われたぞ俺!
  • 口コミ評価:

    2021年07月19日

    豊(yutaka) ユーザー

    豊投資顧問会社が売買を全部アドバイスしてくれるとのことで有料の情報を購入しました。今後も的確な指示をくれるから安心してといってくれたので自分は信じてます。
  • 口コミ評価:

    2021年07月15日

    豊(yutaka) ユーザー

    機関投資家の投資手法が知れたことは自分にとってはめちゃくちゃプラスでした!
  • 口コミ評価:

    2021年07月09日

    豊(yutaka) ユーザー

    金融庁の投資顧問資格取ってない時点で終わってるでしょこんなサイト。
  • 口コミ評価:

    2021年07月08日

    豊(yutaka) ユーザー

    登録したら迷惑メールがめちゃくちゃ来るようになりました。個人情報を悪用されてると思います。
  • 口コミ評価:

    2021年07月05日

    豊(yutaka) ユーザー

    貧乏くじを引いてしまった。こいつらがあれだけ確実に急騰するって言ってた銘柄なはずなのに急落。代替え出してきたけどそれもロスカット。こんなとこ使うんじゃなかった!
  • 口コミ評価:

    2021年06月30日

    豊(yutaka) ユーザー

    もっと良い投資顧問は無いんですか??ここまで無能な投資顧問は飛んで欲しいですね。国は規制をすべきだと思いますよ。明らかにこの投資顧問は勝たせる気が無いですからね。話を聞いていても納得いかないです。

 次の口コミを表示

豊(yutaka)の詳細情報

口コミ投稿フォーム

投稿者名
コメント
口コミ評価

Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.