株式投資の稼ぎ方 口コミ評価評判検証|投資顧問株情報サイト評価検証を行うために口コミ等の情報を集めるサイトは口コミ株予想

株式投資の稼ぎ方 基礎~初級編~

株を買うための基本知識
<投資でお金を稼ぐ方法・株マニュアル1>

当ページでは、これから株式投資を始めようとしている初心者の方にも分かり易く、

個別に株を買う際の基本知識を、簡単に紹介しています。

株の利益は4種類ある

株の利益として、

1.キャピタルゲイン

2.インカムゲイン

3.株主優待

4.株式分割

の4つがあげられます。各株の利益の説明は以下の通りです。

(1)キャピタルゲイン(売却益)

キャピタルゲイン

値段の上がった株を売却した際に生じる利益のことを、キャピタルゲインといいます。図の赤い斜線の部分ですね。

たとえば株価500円の株を100株購入して、時間が経ち株価が上昇。株価が500円から2000円になったとします。 その際に所持している100株を売却をすれば、20万円-5万円=15万円の利益となります。

もちろん、株価が下がってしまうこともあります。その際に損をした場合は、キャピタルロスといいます。

(2)インカムゲイン(配当金)

株を所持していることで定期的にもらえるお金のことを指します。

多くの株を保有しているほど、多くのインカムゲインが望めます。

銀行預金をしている時に発生する利子、不動産経営の場合は家賃収入のようなものです。

(3)株主優待

株主優待

インカムゲインと同じく、株を所持していることで定期的にもらえる配当です。

企業によって貰える株主優待の内容も異なります。中には株主優待の欲しさだけに株を購入する人もいるほどです。

たとえば吉野家の株を持っていれば、吉野家の牛丼をタダで食べられる券が貰え、オリエンタルランドの株を持っていれば、東京ディズニーランドのパスポートが貰えます。

(4)株式分割

株式分割は厳密にいうと利益ではありません。しかし、結果的には利益につながるので紹介します。

株式分割は、企業の株価が上昇した際に実行されます。

たとえば株主が株価1000円の株を10万円で100株購入し、いずれ株価が2000円まで上昇したとします。   つまり、株主は20万円分の株を所持している状態となりました。

この時に企業が株式分割をおこなうと、文字通り株価が2000円から半分の1000円となります。
  しかしその代わりに、株主は円の株を、それまで持っていた倍の200株所持していることになります。

200株を合わせれば20万円であるため実質的な価値は変わりません。

では、株式分割によるメリットですが、株価が安くなることで今まで買いたくても買えなかった人が株を買うことができます。 つまり、株の流通が良くなるので企業側からすれば新規の株購入者を獲得しやすくなります。

またその影響でさらに株価が上昇しやすいので、私達投資家からしても、分割はプラス評価です。

株の運用スタイルについて

株主優待

株式は長期投資中期投資短期投資のどの投資期間でもおこなえます。

しかしメジャーな方法は、長期投資中期投資です。


(1)長期投資中期投資

ファンダメンタルズ分析をおこなって投資します。
ファンダメンタルズ分析とは、企業のステータス(業績や資本金など)を分析することです。

キャピタルゲインのみならず、インカムゲイン、株主優待も狙うことができるので人気の投資パターンです


(2)短期投資(デイトレード)

投資期間が短すぎるため、インカムゲインや株主優待はもらえません

売買手数料が月額一定なものを選ぶことが基本です。

基本的にテクニカル分析を使用します。
テクニカル分析とは、過去の価格や傾向から、次の株価の動きを予測する分析方法のことです。

株の値段について

個別で株を買う場合、最低限買わなければならない金額というのが決まっています。

ある企業の1株が株価1000円だからといって、1000円を支払って1株買えるわけではありません

株には単元株数というものが設定されており、これが最低購入株数になっています。

多くの会社は100株を単元株数としているので、100株単位で買うのが基本です。

なので1株が1000円なら、100株の購入で最低10万円が必要ということになります。

2014年の場合ですと、たとえば吉野家が100株10万円前後、オリエンタルランドが100株78万円前後と、企業によって大きく異なります。

これが最低購入額になります。

単元株数は企業の中には1株や10株のところもありますが、市場全体として統一性を持たせるためにも今後は100株となる予定です。


株は最低でも10万円が必要なことが多く、それだと多くの人は経済的に厳しいということで、最近は単元未満株・端株・ミニ株といったシステムもでています。

これらを使うことで小額での投資が可能となり、より多くの人が株を買うことができます。

ただしこうした少額投資の場合、単元株数の購入分まで投資額が届かないと、株主優待をうけられないので注意します。

ちなみにインカムゲインについては少額投資であっても、投資金額に比例して増えていきます。

証券取引所について

証券取引所

証券取引所(市場)とは、株の売買がおこなわれる場所です。

アメリカ・中国・日本・イギリスなど、世界中のあちこちに存在しています。


日本で一番大きい証券取引所東証東京証券取引所)です。
(ちなみに上の写真は東京証券取引所です。一度は夜のニュースなどで見たことがあると思います。)

他には名古屋、福岡、札幌などがあります。

大証大阪証券取引所)は、2013年7月に東証と経営統合されました。

証券取引所には、さらに第一部市場(東京証券取引所)、第二部市場(名古屋証券取引所)など区別があり、
第一部市場の企業を一部上場企業、第二部市場の企業を二部上場企業と呼びます。
※会社の株が市場の基準を満たして、株の売買がおこなわれることを上場といいます。

東証での上場は、東証一部、東証二部、ジャスダックという順で難しいです。

特に東証一部への上場はステータスとなっています。


  • ・東証一部 → ローリスク・ローリターン

  • ・東証二部 → ミドルリスク・ミドルリターン

  • ・ジャスダック・マザーズ・ヘラクレス → ハイリスク・ハイリターン


東証一部の株価の値動きは安定しており、ローリスク・ローリターンです。

なので初心者が株を買う際は、東証一部の銘柄は非常にオススメです。

一方、ジャスダックマザーズヘラクレスといった市場では上場の基準が低いので、主にベンチャー企業が上場しています。 これらは新興市場と呼ばれ、例え赤字があっても今後の成長性が認められれば上場することが出来ます。

そのため株価の変動する波が激しく、大体ハイリスク・ハイリターンとなります。

ファンダメンタルズ分析をもちいて、銘柄をよく調べる必要があります。

株の売買と取引時間について

取引時間

他の投資法同様、株でも成行注文や指値注文が使えます。
成行注文は時間を最優先で売買を行う注文、指値注文は自分の希望株価の時にのみ行う注文です。

個別株については、オンライントレードにより24時間取引が可能になったとはいえ、実際の取引は、証券取引所が取引をする立ち会い時間(ザラバ)におこなわれます。

なので、その時間外に取引をすれば予約注文になり、実際の取引は次回の立会時間にまわされる仕組みです。


それでは上の図の「取り引き時間と呼び方」を参考に確認してみましょう。

基本的にネット証券は東京証券取引所(東証)の立会時間にあわせます

東証では前場が9時から11時半、後場が12時半から15時。

つまり11時半から12時半までのネット取引は予約取引となり、後場の12時半に取引が実行されます。

そして15時から翌日9時までのネット取引も予約となり、次営業日前場の9時に取引が実行されるわけです。

なので株でデイトレードをする場合は、この9時~11時半・12時半~15時の立会時間内に、取引を行う必要があります。

また、以下の日(非営業日)は、証券取引所では取引が一切行われません。


<株の非営業日一覧>

  • 土曜日・日曜日

  • その他国民の祝日

  • 振替休日

  • 前日と翌日が国民の祝日となっている日

  • 12月31日~1月3日


この間にネット証券上の取引を行うと、すべて予約取引扱いとなり、次回取引日の前場9時まで持ち越されます。

また、売り買いの取引が成立(約定)すると、実際の株の売買(決済・受け渡し)が、その営業日3日後に行われます。


ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.