東芝、6000億円増資|投資顧問・株情報サイト・投資助言を口コミ・評価・評判・検証・詐欺を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想 株予想コラム

東芝、6000億円増資

東芝<6502.T>は19日に行われた取締役会にて、12月5日に約6000億円の第三者割当増資を実施することを発表した。

同社は資本増強を図ることにより、2018年3月末に上場廃止となる2期連続の債務超過の回避、そして上場廃止も回避できると公算している。

新株式は1株262円80銭で発行される見通しで、3Dオポチュニティー・マスター・ファンドなど海外投資家の数十のファンドなどを引受先としており、筆頭株主として「エフィッシモ・キャピタル・マネジメント(旧村上ファンド出身者が設立)」が11.34%を保有する。

増資で調達した資金によ東芝は、米原発会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)関連債権も第三者に売却する他、WHの経営破綻に伴った親会社保証債務を一括返済する。

東芝によると、このような手続きにより税負担が減少し、少なくとも約二千四百億円の資本改善効果が見込めるという。

増資による一株当たりの価値低下が懸念されるが、手続きにより上場廃止の不安を払拭できるため、既存株主の理解を得られる結果となるのではないだろうか。



口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.