東芝、「日米韓連合」と覚書|投資顧問・株情報サイト・投資助言を口コミ・評価・評判・検証・詐欺を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想 株予想コラム

東芝、「日米韓連合」と覚書

半導体子会社の売却を巡り東芝は13日、政府系ファンドの産業革新機構を中心とする「日米韓連合」と覚書を結び、9月下旬の契約締結を目指していると発表した。

しかし、半導体事業で東芝と提携関係にある米ウエスタンデジタル(WD)は、
排他的な交渉先として日米韓連合を否認、引き続き交渉が行われる模様だ。

東芝はこれまで、米ウエスタンデジタル(WD)を含む日米韓連合、新日米連合、
そして鴻海精密工業(台湾)の3陣営との交渉を進めていたが、アメリカの投資ファンド
「ベインキャピタル」からの提案を新たに受けたとして、覚書を締結したと説明して
いる。

東芝とベインキャピタルの覚書締結を受け、米ウエスタンデジタル(WD)は、
「極めて遺憾、継続的かつ柔軟で健全な姿勢で臨んできたのにも拘らず、
同意無しにベインキャピタルやSKハイニックスとの取引を継続しようとしていること
には理解に苦しむ」とコメントしている。

WDは自社以外への売却に対し、頑に反対しており、
今後も日米韓連合との交渉に強く対抗する姿勢を崩さない方針だ。



口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.