投資顧問 景気ウォッチャー指数は低下|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想  株予想コラム

景気ウォッチャー指数は低下

景気ウォッチャー調査」とは、内閣府が景気状況を計るため、
毎月行う調査のことである。

調査対象はコンビニの店長やレストラン経営者、タクシー運転手といった、
景気によって売上が大きく左右される約2,000人とする。

3ヶ月前の比較した指数(現状判断DI)と、
2~3ヶ月先の景気予測(先行き判断DI)を調査する。
算出された指数から、好不況を判断する際の基準値は、50ポイント。


現状判断DIは44.8ポイントへ低下

2016年9月の「景気ウォッチャー調査」では、
現状判断DIは、前月比0.8ポイント低下の44.8となった。
企業動向関連・雇用関連は上昇したが、
家計動向関連が一律低下、全体に影響をした。

原因を探ると、
「何度も上陸した台風の影響により、野菜の高騰が続いていた。併せて客足も伸びず苦しかった。」(北陸・スーパー)
「波ある天候の影響を受け、秋冬物の動きが悪い。結果として客単価の低下、売上に響いた。」(南関東・百貨店)

9月は大型台風や、全国的に平年より高気温が続き、
消費減速の影響が見られた。


先行き判断DIは引き続き改善

先行き判断DIでは、1.1ポイント上昇の48.5となり、
住宅関連を除く全項目において改善をした。

予測の理由は、
「年末年始の旅行は、予約が前年より増加傾向にあるため期待が持てる」(中国・旅行代理店)
「個人消費関連の求人件数が若干増加するなど、明るい兆しが見え始めている」(北海道・求人情報誌製作会社)

以上のことから、
今後の展開として旅行や観光分野の回復に期待を持ちたい。

内閣府は前月同様「景気は持ち直しの動きがみられる」として据え置き、
景気予測につきましては「旅行・観光分野の回復、受注や求人増加の継続への期待」と構えた。

「9月の消費に悪影響を及ぼした天候は、当面1ヶ月は平年並みに近づきそうだ」と気象庁は言う。
台風シーズンも終わりが見え、
天候消費への影響度合いは次第に減っていくであろう。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.