投資顧問 純金積み立ての金投資が、日本投資家に再熱|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想  株予想コラム

純金積み立ての金投資が、日本投資家に再熱

日本人投資家に純金積み立ての金投資の関心が増加傾向にある。
理由は、6月に経済が大荒れしたイギリスのEU離脱問題が引き金となった。

貴金属関連大手の田中貴金属では、
投資初心者による純金積み立てへの投資や問い合わせが集中し、
2月(日銀がマイナス金利政策を始めた月)が前年同月比27%増、
6月(イギリスのEU離脱が決定した月)が25%増となった。
それに伴い、インターネットからの取引が可能な新規会員数が大幅に増加した。

月平均新規会員数の確認を取っても、1月~7月では、
10年前の61歳~70歳と比較すると約7倍。71歳以上も約6倍も増加している。
どうやらマイナス金利導入イギリスEU離脱による大きな流れは、
大幅な振れが起りづらい、金に向けられることとなった。

しかし、金は利息が付く訳でもなければ元本の保証もない。
つまり金相場の変動のみが望みとなる。
先日発表がされたアメリカの雇用統計では、
NFP非農業部門雇用者数変化)が+18.0万人、失業率は4.8%と
強い数字が出たため、アメリカの利上げが表に出てくることで
金相場が圧迫されることは考えられる範囲だ。

東京証券取引所のSPDRゴールド・シェア【1326】の動きを確認しても、
国内の円建て金相場は、上下に方向感が定まったわけではない。

将来的に孫や子供への資産として金を残そうと考えるのは、
短期的な相場の変動とは距離を置くもののため、各自の考え方次第だ。
しかし日本の場合は、円安は円建て金価格を押し上げるため、
一概にアメリカの利上げがマイナスとは言えない。

加えて、尖閣諸島問題で日中の緊張が今までになく高まってきており、
「有事の金買い」という考え方も決して無視はできない。
アメリカの利上げや地政学的リスクと、今後はより大局的観点で捉えなくてはならない。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.