投資顧問 物の値上げによる消費者物価の上昇|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想  株予想コラム

円高による市場の変化

先週2日は、東京市場は先々週の日銀金融政策決定会合での追加緩和見送りと、
米国の日本政府による為替介入に対する牽制から、円高が進み、
輸出関連を始め外需関連銘柄を中心に幅広く売られました。

日経平均株価は、一時1万5000台まで下落しました。
大型連休明けの6日は、2日の下落から多少回復しましたが、
米国雇用統計の発表、今週の主要国内企業の決算発表を前に様子見のムードが漂い軟調に推移しました。

今週、前週末比109円31銭高で、7営業日ぶりに反発上昇しました。
6日発表の米雇用統計が市場予測を下回り、米国の利上げ予測が後退。

円安に振れたことにより、投資家の心理が改善。
外需関連銘柄を中心に、幅広い銘柄が物色されました。

一方で、4月末からの株価下落からの反発により、
利益確定売りとも揉み合う形となり、上値は重くなりました。

また、今週から始まる2016年3月期決算企業の発表を控え、
値動きに左右されずしっかり見極めたい投資心理も働いたことも理由として考えられます。

決算発表日、決算発表予定企業数は、
5月9日は203件、10日326件、11日297件、12日495件、13日940件となっています。

東証1部企業は、円高進行の影響をどのように対応したかが注目点となるでしょう。

一方で、新興市場の中小企業は好決算発表をする企業が多く、人気が集中すると予測できます。
引き続き、円高を始めとする市況の変化に注意する必要はありますが、
株式投資において利益を上げる最大の機会の一つを迎えます。


口コミ株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.