投資顧問 暗雲が建ち込む年明け|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想  株予想コラム

暗雲が建ち込む年明け

2016年、世界同時株安スタート。日経平均583円安と急落しての5連敗。
戦後初めての結果。NYダウも276ドル安と急落。
84年ぶりの大きな下げになるところだった。

84年前とは「世界恐慌」。
終値での下落率は84年ぶりのワースト記録を回避したが、ドル円は強烈な円高での開始。
11月の123円台から年明け117円台まで円高ドル安が進んだ。
それに拍車を掛けるように、サウジアラビアとイランが国交断絶のニュースが飛び出し、
中国株も暴落する「暗雲が建ち込む年明け」となった。

2016年早々に暗雲が建ち込み、日経平均は一時1万7,500円台まで下げてきた訳です。
サウジアラビアとイランの国交断絶が早々に飛び出すとは全く考えていませんでしたが、
サウジアラビアが火薬庫であることは間違いないと考えています。

年明けの様々な状況は今年の方向性を予見していると思われます。

大発会で日経平均は大幅安になったわけですが、
全上場銘柄の売買代金では値上がり銘柄での売買代金トップは
ジャスダックの小型株トレイダーズでした。

こうした一連の状況は、十分にこれからの成り行きを暗示していると見られます。

1月相場が1年を占う傾向はかなりはっきりしています。
これから月末にかけての動きに注目しましょう。

第一部市場の主力大型株を正面から狙って行く相場ではありません。
全体的なさらなる下げ波乱を警戒しつつ、
新興市場を中心に小型株の短期値幅取りに引き続き力を入れるべきだと考えます。

来週は反発局面もあるとみています。


株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.