投資顧問 最先端を見る|投資顧問株情報サイト投資助言口コミ評価評判検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

口コミ株予想  株予想コラム

最先端を見る

丙申の株式市場は決して平穏な年ではなく、
大歓声か悲鳴かという騒がしい年になると予想しています。

相場の世界では3年というのが1つのリズムであり、
戦後の株式市場の歴史を振り返っても、
大きな上昇相場は3年から4年くらいで1つの終わりを迎えています。

早ければ2015年が大天井、遅くとも2017年まででアベノミクス相場が終わると
当初から予想していましたが、2016年はその重要な分岐点になる場面です。

世界的にも大きな曲がり角を迎えてきており、
果たしてこの難しい局面を上に突破して行けるか?
それとも突破できずに力尽きてしまうか?
2016年の相場の行方は大いに気になります。

2016年7月の参院選挙がダブル選挙になるかどうかが大きな焦点。

消費税増税を予定通り行うのか?
それとも10%の増税を撤回あるいは延期するのか?

来年夏までに安倍首相は重大な政治決断を行うことになるでしょう。

安倍首相は来年夏の衆参ダブル選挙を行う事を考えているのではないか?
日銀は不動に徹してする可能性も、それは金融よりも政治にバトンタッチされたからです。

年末ギリギリのところで慰安婦問題で日韓の合意がなされたのも、
来年の選挙に向けて国民にアピールするのが狙いと見られます。
ここからは政治主導で来年夏の選挙に向けて大きく動いて行くでしょう。

新年の株式市場は引き続きそうした
日本の未来を切り開いて行く成長戦略に沿ったテーマが注目されると見られます。

これから日本だけでなく大きく世界中が変わって行き、
自動運転、人工知能、ロボット、ドローン、IOT、仮想通貨などは世界共通のテーマです。

こうしたところを軸に来年も取り組んで行くべきだと思います。


株予想コラム TOPページ戻る

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.