老後破産対策|投資顧問株情報サイト評価検証を行うために口コミ等の情報を集めるサイトは口コミ株予想

【老後破産】対策は?

健康維持が一番大事

総務省による「家計調査データ」によると、 高年齢者無職世帯の1年間の収支は約70万円の赤字となっており、 おおよそ1か月約5・6万円の赤字であることが分かっております。

この「家計調査データ」の結果から
年金収入」だけで生活をすることは出来ない事がわかります。



高齢者でも「無職」ではなく働いて収入を得れば問題は解消できますよね。

多くの人は「老後資金」をある程度用意をしておき、「老後資金」で老後の生活をしていますが、 「年金収入」+「労働収入」があれば「老後資金」の減り方は緩やかになりますし、 うまくいけば資金は増えるかもしれません。

また、「老後資金」が僅かでも「労働収入」さえあれば、 老後でも毎日の生活には困ることはありません。

確かにそうではあるが。。。
高齢になっても現役のように働けるのか?
という不安。

65歳70歳になっても現役として働きたくない
という思い。

そもそも、
「高齢になっても健康体で働くことができるのか?」
という衰えを感じながら健康体を維持する事が必要不可欠になりますし、

お金が無いのだから働くしか生きてはいけないのです。

悲しい現実というものです。

生活保護」という方法もありますが、前回ご紹介しているように
生活保護」がもらえないケースもありますよね。

さらに、現在の若い世代の人が高齢になったときには
年金制度」「生活保護制度」が違うものになっているかもしれません。

結局は老後になっても経済的に自立する必要があるということになります。

定年退職」後に、ぼんやりして暮らす時代はすでに終わっているのです。
働くことで頭を使うことにもなりますから、ボケ防止にはなりそうですかね・・・

生涯現役でいるには、体が資本、健康第一ということが大前提なのです。

節約・倹約も大事


節約・倹約


節約倹約は大事です。
理解はしているけど、なかなか出来ないものです・・・。

どこから手を付けたら分からない人は、
まずは固定費から見直すことから始めましょう。

固定費に該当するもの

  •   家 賃:安くて妥協できる物件に引っ越す。
  •   通信費:できる限り自分から電話を掛けない。ネットサーフィンとかしない。
  •   嗜好品:タバコ・お酒をやめる。
  •   自動車:維持費の安い車にするか、売る。
  •   保 険:無駄な保険は解約する。

固定費を減らせば、毎月お金が残りますから節約倹約にもなります。
極端な部分もありますが、
これらの固定費をすぐ減らすことは難しいものです。

しっかり確認をするべき固定費は、保険生命保険です。
参考までに一般的な「必要保障額」の考え方をまとめてみました。

一般的な世帯の年間払込保険料の平均は何と45.4万円だそうです。
つまり月額3.78万円も生命保険料を支払っている事になるのですが、
月額約4万円も保険料を支払う必要が無い人が多くいるのです。

保険料の見直しをすれば約2万円程度になる人も多く、
営業に言われるがままに加入をしている人が意外にいるのです。

なので、どんな保険に加入しているのかを確認して、
本当に必要なのか見直しをする事をお勧めいたします。

まずは、固定費の削減を考え
毎月の無駄なお金を排除すること。

節約倹約は成功すれば、お金の使い方の幅も広がります。
次は賢くお金を増やす方法をお勧めいたします。

賢く増やすには投資です。

投資も大事

サラリーマンの平均年収は約400万円と言われており、
まじめに働いているだけでは、「急激に収入を増やす」のは困難な事です。

お金の運用術

「投資」というと、素人がやると大損して痛い目に会う。
マイナスイメージが先行してしまうものです。

テレビや映画とかで
「投資で失敗して大損をしてしまった」
「儲かるって言ったのに」「絶対に儲かるっていう話だったのに」
というやり取りがあるからかもしれません。
ただ注意するべきことは、変な欲を出してしまった事が敗因なのです。

しっかりとした方法で投資をすれば
利益もしっかりとついてくるものなのです。

最初は誰だって初心者、本や雑誌なのでも、
【初心者でも簡単に「株式投資」が始められる】というものは
いっぱいあります。

さらに、しっかりと勉強してから実践すれば
「損をするリスク」を小さくする事は可能です。

国が設ける制度や子供はあてにはならない
収入を急激に増やす事が難しい以上、

「株式投資」を使って収入や資産額を増やす事をしておかないと
苦労することになると思います。

NISA制度や個人型DCなど個人投資家への優遇税制も少ないながらも始まっています。
個人投資家への優遇税制の「NISA制度」「個人型DC」も始まっているので、
金銭的メリットにも着目をいたしましょう。

口コミ株予想で注目を集めている株式投資情報サイト。

ライジングパートナー
ライジングパートナー
★★★★★ 4.85
TMJ投資顧問
TMJ投資顧問
★★★★★ 4.80
マーケットアシスト
マーケットアシスト
★★★★★ 4.65
ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.