老後破産 独り暮らし|投資顧問・株情報サイトを口コミ・評価・評判・検証を行うために口コミを集めるサイトは、口コミ株予想

【老後破産】「一人暮らしの男」が危ない

「一人暮らしの男」が危ない

自分には関係ないと思っている人が多いことでしょうが、
老後破産は誰にでも起きるかもしれないのです。

では、どんな人が貧困状態から老後破産になりやすいのか。

淑徳大学総合福祉学部教授・結城康博氏、
NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏

に話を聞いてみた。

藤田氏

NPO法人ほっとプラスでは、
年間約300件以上の「生活困窮者談」からの相談がきており、
約半数以上が65歳以上の高齢者でして、

さらに「一人暮らしの男性」の割合が大半を占めております。

結婚をせず独身のままで「天涯孤独」の方や、
離婚」をされた方と事情は色々ですが、

相談をする相手も無く、「貧困状態」を我慢して生活をしてきて、
もう限界な状態になってから、初めて「ほっとプラス」へ来られる。

結城氏

高齢者の中でも傾向的に、
男性のほうが女性よりも老後破産しやすいようです。

藤田氏

男性よりも女性の方が、「コミュニケーション能力」が高いようで、
早い時点でNPOに相談されるケースが多いです。

男性はプライドが高いですから

人に頼らずに自分の力で何とかしよう

という考えを持たれる方が多いようです。

非常にこの考え方が危険でして、誰にも相談できないままで悪循環になり

孤独死」「餓死

という最悪な場合になってしまいます。

結城氏

収入面から確認をしてみると、
国民年金だけで生活するのは今の世の中では困難です。

国民年金というのは、自営業者のような定年のない人向けの年金

65歳以上でも働き続け年金を受け取る、
子供に扶養されながら年金を受け取る、

という前提で国民年金の制度が設計されています。

しかし、

自営業者をしている人が、
すべて悠々自適な環境ばかりではないのが現実です。

さらに、

求人も65歳以上の高齢者
就職して収入を得るのも困難というより無理なのかもしれません。

では、

子供や親族に頼れるかというと、
いろいろな事情や環境から家族と「絶縁状態」の方や
子供が収入が満足ではなくて親の面倒を見ることに困難
という場合もあります。

藤田氏
確かに現実は厳しいですよね。

高齢者が頼れる子供世代は、
雇用者の約30%が「非正規雇用」という状況で
ワーキングプア」になっている人が多くさらに増加している。

高齢者となり、
夫婦で就職活動をしながら子供と3人暮らしという環境で、
唯一の収入が夫婦の年金10万円のみ、
という非常に困難な生活環境の家庭もあるくらいです。

子供に面倒を見てもらうどころか、
子供の学生時代の
奨学金の返済」や、「自動車ローン」の
支払いをするなどで「貧困状態」に陥る高齢者も多いのです。

親世代が子供世代の貧困問題に巻き込まれて、
生涯、経済的にも子供の面倒を見なくてはならないケースも多いです。

自分たちは大丈夫
子供がいるから大丈夫
貯蓄があるから年金と合わせれば

と思っていると
破産の原因にとなるのです。

まとめ

相談をすれば解決できるの?

年金が夫婦で合わせて10万円だけ。。。。つらい。。
プライドが邪魔をして「天涯孤独」になって苦労をする。
ローンの返済に苦労をする
子供をあてにしてたら思い通りにならず苦労をする

あくまでも個人的な意見ですが、
「何とかなるだろう」って無計画だったのでは?
と感じてしまいました。

ただ、貧困状態になりたくてなった人は当然いないはず、
アベノミクスの影響や年金制度問題や経済状況の変化と
個人では対応できない問題もあったことも理解できます。

貧困状態から破産になってしまった方は、
あのとき、こうしてたら、あ~してれば、と
「たられば」
になってることでしょう。

ただ、他人事と思っていると痛い目に会いそうで怖いです。

しっかりと「老後破産」になる原因を把握する必要もあると思います。
老後破産の原因を知りたいかたは、次をお読みください。

【老後破産】原因は?」へ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.