アベノミクスで加速|「老後破産」が現在増加の背景はアベノミクス。口コミ株予想では実話をもとに「老後破産」になった人の話を紹介しております。

【老後破産】深刻事態アベノミクスで加速

アベノミクスで“貧困高齢者”が急増

老後破産」が深刻な問題として
高齢者を不安を与えている。

厚労省では65歳以上の人が支払う
介護保険料の滞納者が急増をしている。

滞納者の滞納理由が
「収入が低くて払いたくても払えない。」
という理由が圧倒的です。

2012年度に介護保険料の徴収ができなかった額は、272億と過去最高額で前年度よりも29%も増えている。 29%も滞納額が増えることは異常な数値で、介護サービスを利用できない高齢者が近い将来に続出することにつながる。

アベノミクス以降に収入は年金だけなのに、
消費税の増税物価(インフラ)高騰によって
生活が立ちゆかなくなる「貧困高齢者」が
大急増中となっている。

低所得者に目配りしない安倍首相

日本国内に65歳以上の高齢者が3200万人以上もいます。
老後破産」になるのは、
およそ10人に1人が「老後破産」になる計算となる。

恐ろしい事は、普通の人も「老後破産」とは無縁ではないことだ。

某ビール会社に正社員勤務をしていた男性の実例をNHKスペシャルで取り上げられていた。

大企業に正社員勤務いわゆるエリートサラリーマンも、「老後破産」に転落をしてしまうケースが増えています。

厚生年金の毎月の支給額が月18万円程度、
予定外の出費が出てしまったら破産してしまう可能性。
本人の病気」、「妻の病気」、「認知症になった親の介護」など
予定など立てようがない。

銀行などに貯金があれば問題はないが、住宅ローンなどに退職金を完済に使っていれば、貯金など残っていないでしょう。

賃貸住宅でも毎月の家賃負担がかかる。子供に頼ることもできたが子供が非正社員という場合も多いのが現状。
いわゆるワーキングプアである。

老後破産に陥るリスクが年々と高まっているのが近年の状況である。

高齢者に負担を強いる政策

高齢者への負担が増える政策、
消費税10%」「年金カット」「保険料アップ」と
次々と打ち出す安倍内閣

現在の高齢者への一般的なイメージは富裕層という
イメージを持つ人が多いが、
実際の高齢者は大きな格差がひろがり二極化をしている。

総務省が行った調査によると、
4000万円以上の金融資産を持っているのは、
6人に1人という調査結果が出ているそうです。

安倍内閣は、偏った調査結果しか見ていないようで
高齢者に非常に厳しいのが現状になっている。

さらに低所得者をも見て見ぬふりなのか、
このままでは「餓死者」「自殺者」が続出してしまうと思われている。

安倍内閣は現在の現実が理解できていないのか、

「女性の管理職を増やす」
高齢者への福祉予算を削って、子育て世代に予算を回す」

方針だが、本当に大丈夫なのか色々と不安を感じさせている。

まとめ

アベノミクスが「貧困高齢者」を増やす引き金となっている!?
驚きです。。。 経済効果が高まり裕福になる感覚だったアベノミクスが実際は 弱者を追いやる事になっているとは思ってもみませんでした。

単純に疑問に思うことは、
安倍内閣安倍政権は大丈夫なのか?
ということです。

内閣に女性管理職のポストを増やす」イメージ戦略
強硬手段で決めた「戦争法
裕福に暮らす生活保護の問題
忘れられた年金問題
と数々の問題がおざなりになっている。。。

高齢者への福祉予算を削って、子育て世代に予算を回す」

子育て世代に予算を回すは非常に理解ができるが、
高齢者を犠牲にするのは素直にうなずけない。

限られた予算ということもあるのだろうが、
それなら内閣の人件費を見直すとか、
他にも策が見つかりそうな気もするのだが。。。。

冒頭でも紹介した、
「およそ10人に1人が「老後破産」になる計算」
では、どんなケースの人が特に危ないのか?

その事については「一人暮らしの男」が危ない をお読みください

【老後破産】「一人暮らしの男」が危ない」へ

ページトップへ戻る
Copyright(C) 口コミ株予想 All Rights Reserved.